事業内容

雑誌返品(蓮田センター)

雑誌・コミックスの返品業務を協業化<出版共同流通(株)>

蓮田センター

2002年4月、出版取次5社※(日販、大阪屋、栗田出版販売、日教販、太洋社)が取扱商品の返品に関する物流業務で提携し、「出版共同流通株式会社」を設立しました。

蓮田センターでは、書店、出版社、取次間における返品業務の効率化及び業界の標準化を目指した「無伝票返品システム」を確立しました。書店で返品出荷時に貼付された専用宛名ラベル1枚で、返品業務に関わる様々な工程の一元管理を可能とし、1日200万冊の雑誌とコミックスの返品処理を実現しています。雑誌は、仕分けた上で出版社へ返品するほかにも、古紙化を行い、再資源化へのアプローチを行っています

  • 着荷管理システム
  • 供給ソーター
  • ベーリングシステム

※社名は連携当時。


TO TOP