事業内容

事業内容

日本出版販売株式会社(略称:日販)は、売上業界No.1の出版販売会社です。
全国約3,200社の出版社、約5,000店の書店及び32,000店のコンビニエンスストアを結んで、書籍、雑誌、AV商品などの円滑な流通を担っています。
日販は、1949(昭和24)年の創業以来、出版物を通じて日本文化の普及、発展に貢献することを使命として、出版流通の革新を行ってきました。その時代における読者のニーズに応える企業活動を第一として、書店支援とともに、最先端技術を結集した流通業務のシステム化、FA化を推進してきています。王子流通センター、ねりま流通センターなどの各流通センターは、情報ネットワークにリンクした高度な物流システムが構築されており、こうした日販の取り組みは出版業界のみならず国内外から高く評価されています。
また、NOCSを基礎とする情報システムは出版社、日販、書店のオンラインネットワークを推進し、出版物の情報検索、注文品の追跡システム等、出版社、書店、読者のコミュニケーションツールとして、大きな役割を担っています。
昨今、情報ネットワークの発展は著しく、メディアの多様化に伴い、消費者のニーズや選択肢は多岐にわたっています。日販はこうした時代の流れに即応すべく、「everything around BOOKS(本をとりまくもの、すべてを取り扱う)」というコンセプトを掲げています。出版分野以外でも文具事業、検定事業、ライツビジネス、デジタルコンテンツビジネスと多岐に展開しています。

日販は出版販売会社として、出版社・書店の間にあり、商的流通機能・情報伝達機能・物的流通機能を果たしています。

  1. 商的流通機能

    1. 1.取引機能
      出版社からの仕入と書店への送品、それに関わる取引代金の請求、回収。
    2. 2.販売機能
      店舗運営、出店などのアドバイス、出版社の大型企画商品の販売促進など。
  2. 情報伝達機能
    情報ネットワークシステムにより出版社、書店の情報を双方向に提供する。
  3. 物的流通機能
    出版社から商品を仕入れ、書店別に仕分け、全国の書店に配送する。


TO TOP