ニュースリリース

日販とそら植物園、植物の合弁会社「日本緑化企画株式会社」を設立

2018/06/07

 日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林 彰 / 以下、日販)は、そら植物園株式会社(本社:兵庫県川西市、代表取締役:西畠 清順 / 以下、そら植物園)と、「植物を届ける」というコンセプトを掲げ、合弁会社となる日本緑化企画株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:後藤 智志 / 以下、日緑)を2018年6月6日に設立いたしました。

■合弁会社設立の背景と展望
 日販は、本だけでなく、あらゆる生活シーンに関わる商品やサービス、エンターテインメントを国内外に届けることを目指し、日々挑戦を続けています。
 その中で、本との親和性が高く、成長市場である「植物」関連の施策に、この業界の先駆者であるプラントハンター西畠清順氏が代表を務める、そら植物園とともに取り組んで参りました。2016年9月には、幕張 蔦屋書店において「幕張 蔦屋書店 × そら植物園」POP UP SHOPを開催して植物の販売を行い、好評を博しました。
 こうした背景のもと、日本全国を網羅する出版物流ルートをもつ日販と、世界中のネットワークを活かした植物の提供力とプロデュース力をもつそら植物園の両社の強みを掛け合わせ、合弁会社を設立することとなりました。
 日緑は「植物を届ける」というコンセプトのもと、プロジェクトの第一弾として、東京都中央区の銀座 ソニービル跡地にオープン予定の「Ginza Sony Park」内に、「アヲ GINZA TOKYO」を8月9日(木)にオープンいたします。
 今後は、全国の書店やオフィスなどに植物を扱った様々な提案など、より多くのかたへ「植物を届ける」活動を行って参ります。

■西畠 清順(にしはた せいじゅん)プロフィール
 そら植物園株式会社 代表取締役 / プラントハンター
 1980年兵庫県生まれ。21歳より日本各地・世界各国を旅してさまざまな植物を
 収集するプラントハンターとしてのキャリアをスタート。
 時に年間250トンもの植物を輸出入し、日本はもとより海外の植物園、政府機関、
 企業、貴族や王族などに届けている。
 2012年、“ひとの心に植物を植える”活動・そら植物園を設立。
 植物に関するさまざまなプロジェクトの依頼を各地で実現し、
             日本の植物界の革命児として反響を呼んでいる。

■店舗情報

  ・店舗名:アヲ GINZA TOKYO
  ・所在地:東京都中央区銀座五丁目3番1号 
       Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク) 
       GL(グラウンドレベル)/地上フロア
  ・アヲ GINZA TOKYOティザーサイト:http://from-awo.com/
  
      

■関連URL:
・Ginza Sony Parkに関するソニー株式会社のプレスリリース
 https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201806/18-052/index.html
・Ginza Sony Parkウェブサイト
 https://www.ginzasonypark.jp/

■「日本緑化企画株式会社」会社概要
社名:日本緑化企画株式会社
本社所在地:東京都千代田区神田駿河台4丁目3番地
代表者の役職・氏名:代表取締役社長・後藤 智志
資本金:50百万円
設立年月日:2018年6月6日
主要事業:植物に関する事業

■本件に関するお問い合わせ 
日本出版販売株式会社 広報室
TEL:03-3233-3829 FAX:03-3233-6045
E-mail:press@nippan.co.jp

TO TOP