NIPPAN 日本出版株式会社

日販の強み

日本国内に複数ある取次会社。その中で業界トップの売上を誇る日販の強みをご紹介します。

ビッグデータの活用

日販では、書店に向けPOSレジ、在庫検索・取り寄せアプリ「attaplus!」、ポイントカードシステム「Honya Club」など、さまざまなサービスを提供しています。またオンライン書店「Honya Club.com」や、人と本をつなぐWebメディア「ほんのひきだし」を運営することで、読者との接点を創り出しています。こうした接点から、全国の書店や約440万人のHonya Club会員、またWeb上で接する読者の購買情報や関心動向といった情報を蓄積し、それを分析して商品づくりや売場づくり、プロモーションなど幅広い分野へ活用しています。

ビッグデータを活用した出版社・書店・読者へのサービス

業界を先駆ける流通システム

業界の中でもいち早く、流通センターのFA(Factory Automation)化を実現した日販。全国に届ける出版物の量は、1日にして約470万冊にのぼります。
その膨大な量・種類、そして様々な厚さや形がある出版物を、日販は業界最大規模のマシンで仕分け、正確に発送しています。
また、注文から最短で翌日にお店に届く「スーパーQuickBook」サービスを設立するなど、お客様の利便性を高めるため、より早く商品を届ける流通を追求しています。

世界最大級の流通システム

挑戦を続ける新規事業

新たな事業領域への進出をめざし、日販ではプライベートブランド商品の企画・開発や検定・イベント事業、他取次との協業、電子アプリの開発など、様々な新規事業に積極的に取り組んでいます。
書店への一番くじ導入や、映画出資、映像製作など、かねてから新しい事業に果敢に取り組んできた日販には、挑戦する風土と、若手・ベテラン問わず自身のアイデアを提案できる環境が根付いています。

挑戦を続ける新規事業

日販の挑戦

プライベートブランド商品

最近では、出版社や雑貨メーカーとともに、取引店舗限定の商品を企画・開発しています。
既存の出版物の特装版や、テーマ別の特集本、アニメ化コミックのオリジナル雑貨、他業界の人気アイテムを書店流通向けにカスタマイズした商品など、さまざまな商品の開発を通して、需要の掘り起こしや、新しい顧客の獲得を狙っています。

検定事業

2007年の「ロック検定」を皮切りに、コアなファンに向けた検定の企画立案から実際の運営まで、あらゆる業務を行っています。公式テキストブックの流通など書籍の売上向上以外にも、関連商品の販売やイベント事業まで幅広く提案することで、より収益性の高い事業へと発展させていきます。

詳しくはこちら

幅広いグループ経営

自由な発想で、新たなビジネスに果敢に挑む日販。その挑戦は、国内外にある専門業務に特化したグループ会社に支えられています。TSUTAYAを運営するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)と設立した株式会社MPDをはじめ、海外事業・雑貨販売・物流・システム等、多岐にわたるグループ会社とともに成長し続けています。

幅広いグループ経営
詳しくはこちら

日販のグループ会社

㈱MPD…TSUTAYAを運営するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)と設立した、
    CD・DVDの卸売業

日販アイ・ピー・エス㈱…出版物の輸出入、海外在留邦人向けの生活関連商品の販売等

㈱ダルトン…インテリア雑貨、生活雑貨などの企画・輸入・卸売・小売

㈱クリエイターズギルド…Web・デジタルコンテンツの企画・製作・運用

㈱ファンギルド…電子コミックの企画・編集・出版・電子書籍業務代行サービス       etc.