ニュースリリース

人気漫画家・押切蓮介の最強トラウマ漫画「ミスミソウ」実写映画化!
最も切なく、最も美しく残酷なトラウマ・サスペンス
映画「ミスミソウ」公開日決定

2017/12/14

 日本出版販売株式会社(代表取締役社長:平林 彰、略称:日販)は、この度、人気漫画家・押切蓮介原作の伝説的コミック「ミスミソウ 完全版」を、同社が製作・幹事を務め実写映画化しました。本作は押切蓮介作品としては【初の実写化】であり、2018年4月7日(土)より、新宿バルト9ほか全国の劇場で順次公開されることが決定しました。

m

             © 押切蓮介/双葉社 © 2017「ミスミソウ」製作委員会
 
映像化不可能と言われ、「トラウマ漫画」として認知度の高いコミックを実写化
 原作は、「ハイスコアガール」「でろでろ」などで知られる人気漫画家・押切蓮介の代表作にして映像化不可能と言われた伝説のコミック「ミスミソウ 完全版」(双葉社)です。押切蓮介ファンの間でも1、2を争う人気作であり、ネット上の「トラウマ漫画」系まとめサイトや掲示板では必ず名前が挙がるほど、認知度の高い作品です。

misumisou_a   misumisou_b

© 押切蓮介/双葉社

主演は、本作が映画初主演作品となるネクストブレイク必至の<山田杏奈>
 東京から田舎に転校しなイジメを受けている主人公・野咲春花役を、「城とドラゴン」のCMで注目を浴び、抜群の透明感を放つ現役女子高生で大注目のネクストブレイク女優、山田杏奈が務めます。近年「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」を始め、「咲-Saki-」「あゝ、荒野」などの話題作に次々と出演し、さらに「先に生まれただけの僕」「重要参考人探偵」「ドラマ25『セトウツミ』」などのTVドラマにも出演するなど、今、最も勢いのある若手女優の一人です。

misumisou_anna

監督は、少年少女を主人公としたクライムサスペンスの名手<内藤瑛亮>
 雪に覆われた過疎の町で繰り広げられる凄惨な復讐劇という、かつてない試みに挑戦し、残酷で絶望的な物語を巧みに撮り出すのは、「ライチ☆光クラブ」「パズル」「先生を流産させる会」など、少年少女を主人公としたクライムサスペンスの名手、内藤瑛亮監督です。

misumisou_yamada

© 押切蓮介/双葉社 © 2017「ミスミソウ」製作委員会

激しいバイオレンス描写はもちろん、誰でも一度観たら3日間は「ミスミソウ」のトラウマに陥るほどの強烈な痛みと悲しみを引き起こすパワーのある本作に是非ご期待ください!

▼「ミスミソウ」作品概要
原作:押切蓮介「ミスミソウ 完全版」(双葉社刊)
監督:内藤瑛亮
脚本:唯野未歩子
出演:山田杏奈
制作プロダクション:レスパスフィルム
配給:ティ・ジョイ
2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/114分(R-15)
公式サイト misumisou-movie.com

▼あらすじ
 東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(のざき・はるか)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(あいば・みつる)。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だがイジメは日に日にエスカレートしていった。そして、ある日激しく燃え上がる炎が春花の家を覆いつくす。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は崩壊する――。激しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三角草(ミスミソウ)。春花はミスミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか……。春花が選んだ道とは……。

▼本件に関するお問い合わせ
日本出版販売株式会社 広報室 
TEL.03-3233-3829 FAX.03-3233-6045
E-mail: press@nippan.co.jp

TO TOP