文化・社会貢献活動

文化・社会貢献活動

本の楽しさ・読む喜びを、次代へ、世界へ。
グローバル社会の一員として“できること”を探し続けます。

日本文化の次世代への継承、地域・国境を越えた知識の交流も、日販の大切なテーマです。
大小さまざまの社会貢献活動は創業時から脈々と受け継がれているものも多く、読書推進や国際文化交流など幅広いプロジェクトが、企業活動の一環として展開されています。

書店店頭での読み聞かせ「おはなしマラソン」

おはなしマラソン

日販が長年提唱してきた「母と子の読み聞かせ」を踏まえた読書推進活動として、1999(平成11)年からスタートした企画です。
書店店頭を舞台に、出版関連団体や各地のボランティアと連携しながら、こども向けの読み聞かせ運動を展開しています。こどもたちの「読書離れ」「活字離れ」に歯止めをかけるとともに、取引書店の店頭活性化という効果もあげています。

おはなしマラソン >>「おはなしマラソン」の詳しい情報はこちら

児童図書の展示会開催「本と遊ぼうこどもワールド」優良児童図書展示会

「本と遊ぼう こどもワールド」

1979(昭和54)年の国際児童年を契機に、全国で展開を始めました。
前年11月に国内で初めて開催した国際児童図書展示会(国立京都国際会館)以来、毎年夏休み期間中に「本と遊ぼうこどもワールド」の名称で継続的に開催しています。子どもたちに読書の楽しさを実感してもらうことが、この企画の主眼です。

主催:
日販、日本児童図書出版協会

児童福祉施設への図書寄贈「日販よい本いっぱい文庫」

「日販よい本いっぱい文庫」

毎年12月、全国の社会福祉施設等へ児童書を贈呈しています。クリスマスプレゼントとなる児童書は、出版社や運輸会社にもご協力をいただきながらお届けしています。

1964(昭和39)年に創業15 周年記念行事としてスタートさせ、以降、継続している活動です。1981(昭和56)年5月には厚生大臣(当時)より表彰状をいただきました。

主催:
日販、日本児童図書出版協会
後援:
厚生労働省
協力:
出版社、運輸関係各社 他

国際文化交流「中国国家図書館」への図書寄贈

「中国国家図書館」への図書寄贈

1983(昭和58)年、日中両国各方面の尽力により、中国国家図書館(北京市)内に「日本出版物文庫閲覧室」が開設されました。

日販は当室に所蔵する日本の図書を継続的に寄贈しています。

環境への取り組みCO2削減などの環境対応策を推進

地域温暖化対策の一環として、配送網の効率化によるトラック走行距離の減少、本社ビルの省エネ化など環境対応の事業体制を進めています。
配送については、書店とCVSとで重複しているトラックの一本化を試み、他社との配送の共同化も模索しています。また、本社ビルは、エレベータ設備や照明器具などの諸設備を省エネ・高効率なものに刷新し、廃棄物の分別・リサイクルをさらに徹底、廃棄量の削減を実施しています。

TO TOP