会社概要

社長メッセージ

人と本をつなぐ

〜everything around BOOKS〜

代表取締役社長 平林 彰

president_mess2016

出版文化を支える流通インフラ

 出版社が発行した本の多くは、直接書店に届くのではなく、出版販売会社(取次)を経由して全国の書店に送られています。日販は出版販売会社として、出版社と書店の間をつないでいます。
 私たちが持つ物流やシステムは、出版業界になくてはならないインフラです。書籍の新刊は1日に約300点発行されています。当社の1日の書籍出荷量は約200万冊。雑誌の発行銘柄数は年間3,000点を超えており、1日に300万冊という膨大な量を出荷しています。日販はこれらの商品を全国にある約5,000店舗の書店と、30,000店舗を超えるコンビニエンスストアに毎日遅れることなく届けています。
 このような流通を支えているのは、コンピュータと大型FA設備です。新刊商品の出荷冊数は、取引書店様のPOSデータを活用し、過去の販売実績などを参考にしながら決定しています。また、書店様からの注文情報はコンピュータに集約され、全てデータ化されています。それらのデータを元にして、流通センターの在庫量を決定し、受注の都度、世界最大級の仕分機で書店様別に仕分け、商品を発送しています。また、顧客情報・購買履歴もデータベース化しており、それらのデータは書店店頭で自店の客層にマッチした品揃えや売場作りに役立てられています。この膨大なデータベースは、私たちの強みであり、様々な場所で活用されています。

文化の総合商社を目指して

 日販は、書籍や雑誌をはじめ、CD、DVD、文具、雑貨などの商材の流通に留まらず、映画出資や検定事業など、幅広いジャンルの事業を積極的に推進しています。
 近年、積極的に文具や雑貨を取り扱う書店も増えてきたことから、書店の一角に簡単に設営できる文具パッケージを開発し、多くの書店様に導入して頂いています。
 また、2014年1月にはインテリア雑貨を扱う株式会社ダルトンをグループ会社に迎えました。書店での取り扱いアイテムが増え、ダルトンのキッチン用品や雑貨が書店で購入できると、お客様から好評を頂いています。
 映画出資事業においては、出資映画の公開時に原作本や関連商品のフェアやイベントを企画し、書店様に提案しています。検定事業では、公的試験から趣味検定まで様々な検定試験の運営をサポートしており、検定を軸にして検定公式ガイドブックの出版や、書店店頭での検定告知・受付などを行うことで出版社様や書店様との連携を強化しています。
 このように私たちは、書籍、雑誌を軸に様々な「文化メディア」商材を全て取り扱う総合商社を目指しています。

「書店」から広がる新空間

 私たちが考える「書店」とは、ただ本を並べて売るだけではなく、そこは知的な空間であり、訪れた人の好奇心や創造力をかきたてる。そういう場所であると考えています。
 従来の書店は「本」をメインの商品として取り扱っていました。しかし、CD、DVDを取り扱う複合書店が増え、最近ではコーヒーを飲みながら読書を楽しむ、そういう居心地のいい書店も出てきています。
 そのような書店の変遷に伴い、私たちもより魅力的な書店作りや、本の売り方を提案しています。私たちは店頭の魅力を高めるために、お客様が訪れたくなるような居心地のいい空間や、本が映える商材、サービスを提供することで「書店」から広がる新空間を作っていきたいと考えています。

人と本をつなぐ

 インターネットやスマートフォンが普及し、人々のライフスタイルが変化する中で、「読書離れ」という言葉をよく耳にするようになりました。特に若年層が読書をしなくなったと言われていますが、一方で小中学生の読書冊数は年々増加しているというデータもあります。また最近では、年配の方がプレゼント用で児童書を購入するケースも増えてきています。
 私たちは、子供から大人までもっとたくさんの人に本を読んでほしいと思っています。
 たくさんの子供たちに本と接してもらうため、「日販よい本いっぱい文庫」「優良児童図書展示会」「おはなしマラソン」など、継続した社会貢献活動を行っています(※)。2015年には書籍情報サイト「ほんのひきだし」を開設し、本に関する情報を発信することで、本に興味を持って頂くきっかけ作りをしています。日販は、このように様々な形で本の魅力を伝えています。

日本の文化に貢献したい

 「日販は、文化を担うメディアを通じて社会に貢献する」これは、当社の経営理念です。多くの文化メディアを扱うことで日本の文化に貢献したいと思っています。本をとりまくものすべてを取り扱う、という意味を込めて『everything around BOOKS』をキーワードに、私たちは日々挑戦を続けます。

※日販の社会貢献活動についてはこちらのページをご覧ください。

TO TOP