事業内容

日販のロジスティクス

効率販売施策と連動した高度な送品システムを構築。
店頭ニーズに的確・スピーディーに対応し、
SCMを物流面でサポートしています。

書店における安定的な品揃えと読者への迅速な対応は、店舗運営の重要な鍵となります。
日販では、書店別高速自動仕分機MS2(マルチスーパー2)やPBセンター、BCS(ブックス)などの最新鋭機器を駆使して、きめ細かく、スピーディーな注文対応を実現。
さらに、業界SCMを目指す効率販売施策と連動した日販独自の適時適量送品を実現しています。

MS2[マルチスーパー2]

独自に開発した世界最大級の書店別高速自動仕分機により、
ご注文からお届けまでを実現。

MS2[マルチスーパー2]

日販の実績とノウハウを結集し、1998年に導入された世界最大級・最新の自動仕分機です。
注文品をローダーにセットするだけで、投入、仕分け、伝票発行といった全ての工程をFAコンピュータで制御。A6版からA4変形版まで多様な判型の本に対応、迅速な処理を実現しています。

バーコードリーダー管理された注文品は、7台のインダクションソーターと交差する8台のメインソーターによって、指定された書店のカートリッジへと仕分けされていきます。
その処理能力は、1日あたり約50万冊もの注文品を約6,000方面に高速自動仕分けします。
同時に起票も行い、出荷までの作業時間を飛躍的に短縮させました。

PBセンター

業界に先駆け、ペーパーバックス専用の高速自動仕分機を導入。

PBセンター

王子流通センター内のPBセンターでは、業界に先駆けPB専用の高速自動仕分機「マルチソーター」を設置。
より確実に、より迅速に、よりきめ細かに対応するため、注文品の受注から発送までを24時間稼動のFAコンピュータで制御しています。

画期的なマトリックス方式を採用し、いつでも・どこからでも・どこへでも、PBの仕分けを実現。
その処理能力は、1日あたり約50万冊、4,500方面の高速自動仕分、起票を実現させています。

BCS[ブックス] (Book Channelizer System)

全ての判型に対応、100%機械仕分を実現。

BCS[ブックス] (Book Channelizer System)

「MS2(マルチスーパー2)」で取り扱うことのできない手書きの注文等、書店から出版社への直受注分のうちデータのない商品、そして定形外商品等を全てデータ入力(=データイン)し、3台の仕分機により、1日あたり約10万冊を6,000書店に仕分、起票しています。

SS80(出荷ソーター)

SS80(出荷ソーター)

新刊、注文品全ての荷物を1日約5万個、最大能力6,000個/時で各運送会社別に80 方面に仕分けます。

情報処理システム(コンピュータルーム)

情報処理システム(コンピュータルーム)

全国の書店からの注文情報は、コンピュータルームに集約。
1日100万件以上の注文データ処理、各FAシステムの仕分、起票、出荷に関わる全てのデータ処理を24時間365日体制で行っています。在庫状況はリアルタイムで掌握されているため、発送ラインまでの指示をはじめ書店からの在庫照会にも的確に応えられます。
また出版社との情報ネットワークにより、発注精度も向上させています。

在庫エリア

在庫エリア

発売後1ヵ月の新刊と売上ランキング上位銘柄をストックする「新刊センター」と、「一般書」「専門書」「医書」「PB(ペーパーバック)」など既刊書をジャンル別にストックするエリアがあり、フリーロケーション在庫管理システムで効率的なスペース活用を実現しています。
またHT(ハンディターミナル)、デジタルピッキングカートを導入し、データに基づいた入出庫作業を行うことで在庫情報精度を高めています。

データイン

データイン

出版社に直接注文された商品や手書きの短冊付き商品について、端末を使用して注文情報のデータ入力を行っています。
この工程により、王子流通センター内の商品すべてをデータ化することで、注文品の100%機械仕分けを可能とし、送品スピード・品質の向上とトレーサビリティの確保を実現しました。

書店店頭の利便性向上と売上拡大の物流サポート

スピードアップ

注文品の処理は、MS2、PBセンター、BCS(ブックス)など王子流通センター内全ての工程を、トラックの配送出発時間に合わせたタイムスケジュールで管理しています。
この結果、在庫商品であれば注文をいただいた翌日に出荷する体制を構築しています。

本の超特Q!QuickBook

客注品のお取り寄せサービス。
全工程における優先処理によって最速スピードで出荷、発注時に着荷予定日を確約、受注から出荷までのトレーサビリティ管理など、優れた特長を持っています。web-Bookセンターの幅広い在庫利用が可能となっており、雑誌バックナンバーも取りそろえています。2013年3月には、宅配便を利用した「スーパーQuickBook」を稼働し、日曜・祝日を含めて、最速で注文翌日の店着を実現しました。

お探しの本、すばやくおとり寄せ 本の超特Q! QuickBook

在庫強化

在庫エリアには、「新刊センター」を設置。発売後1ヵ月の新刊を常時ストックし、書店店頭の売上・在庫状況に応じた追加送品を行い、販売機会損失を防止します。また市場の売行に応じて、定番品から専門書まで幅広く商品を在庫。最新の在庫管理システムを導入し、在庫精度も極限まで高めました。

トレーサビリティ

全ての注文情報をデータ化する「データイン工程」を導入。
これにより全注文品について、トレーサビリティ(透明性と追跡可能性)の確保を実現しました。また「NOCS7」「サポートC」などの店舗サポートツールと連動した物流機能で、より簡便で正確な発注業務を支援します。

品質向上

従来、機械処理・データ管理が困難であった手書きの注文短冊や定形外商品など、取り扱う商品すべてをデータ化し、最新のFA機器により正確に迅速に仕分けを行っています。さらに、重量検品システムの導入により、王子流通センターの送品事故率は100万分の1冊台の品質レベルを実現するなど、全工程で高度なサービスを提供しています。

TO TOP