事業内容

出版物の仕入

まず出版社の営業担当者から、これから発売される新刊の説明を受け、商談をします。(見本受付といいます)その後、仕入部数の決定を行います。仕入部数を決める指標として、日販が持つ流通データ(過去の送品数や売上数)を活用し、どの位売れるのかを予測します。
雑誌に関しては、「付録」があるため、商談の段階で、その内容や大きさを確認します。仕入担当者は、仕入数だけではなく、搬入日、配本(その書店に何冊送品するかをきめること)方法などを検討していきます。

1.書籍新刊の流れ

  1. 仕入部数・条件の決定

    仕入部数は、書籍仕入部門が窓口となって出版社と商談し決定します。その際営業部門と打ち合わせ、また過去の実績や配本データ等を参考にします。

  2. 配本

    仕入れられた部数は、どの書店に何冊、というように書店毎に割当てが決められます。
    その割当ての決定、配分作業を「配本」といい、書籍部門と営業部門とが打ち合わせて行っています。配本は、書店ごとの過去の実績を参考に行います。一部の銘柄は、発売前に書店から事前に注文を受け付け、配本を決めています。(→アドバンスMD

2.雑誌新刊の流れ

  1. 仕入部数・条件の決定

    新刊雑誌の仕入部数は、POS売上データ、過去の販売実績、特集内容、書店の反響等を勘案して、雑誌仕入部門が窓口となって出版社と交渉し、決定します。

  2. 進行

    仕入が決まった銘柄から発売日リストを作成します。
    それに基づいて、出版社・製本会社への搬入促進を行い、発送現場と連絡を密に取りながら業務(整品一梱包一出荷)の進行がスムーズにいくよう、進行状況をチェックします。

  3. 配本

    銘柄別に書店の送品数を決定するのが配本です。配本は書店の販売実績・定期改正等を参考に特集や話題性を判断しながら決めていきます。

TO TOP